清楚なキャバ嬢のおっぱいを攻めるセックステクニック

美巨乳のキャバ嬢をおっぱいでイカす

美巨乳のキャバ嬢のおっぱいでイカす

男は、女性のおっぱいが大好きな方が多いですよね。

セックス上達法のセックステクニックで女性の胸の愛撫の仕方はあるけれど
実際に胸の愛撫で女性をイカせることはできるのか試しました。

今回は、清楚で可愛いキャバ嬢おっぱいを攻めてイカそうと思いアフターに
誘いました。

そこで、少し演出をしたほうがいいと思い、キャバ嬢にはノーブラで来るように言いました。

軽く食事をしながらノーブラで来たかを確かめると「うん」とうなずいたのですが、上着を着ているのでその時はわからず。

そして、おしゃれなジャケットを脱ぐとプルンプルンのおっぱいがボヨヨ~ンと飛び出し可愛い乳首もはっきり見えいきなり下半身はビンビンに。

彼女とデート中の周りの男どもも彼女のおっぱいに気を取られて自分の彼女の話など上の空になっています。

お店を出る時も、彼女には上着を着せずにしかも乳首に刺激を与え乳首が降る勃起の状態で街を徘徊。

大きなノーブラおっぱいに振る勃起乳首が見えるようにして歩いているとさすがにキャバ嬢は恥ずかしいのかどこかに身を隠したいようなしぐさをするので、

無理やりホテルに連れ込みました。

まさか、こんなに美巨乳だとは思わなかったので興奮しました。

このキャバ嬢の姿を見たら正直に言ってセックステクニックなどどうでもよくなり早くおっぱいを揉みたくなりました。

ホテルの部屋に入り人目を気にしなくてよくなったのでほっとしたのか、無防備になり、

そんなキャバ嬢を抱き寄せキスをしながら背中からお尻のあたりをシルクタッチでなでていくと背中が性感帯なのか感じている様子。

「シャワーを浴びようか」と言って少向きを変えて後ろからノーブラのおっぱいを軽く鷲掴み。

その時は、乳首をわざと外すようにして下パイと横の乳腺があるあたりをマッサージするような感じでモミモミしていきながらキスをしました。

おっぱいの愛撫のセックステクニックには、様々な方法はあるけれどむしろ
オーソドックスな方法のほうが良いこともあります。

おっぱいを揉むけれど乳首には触れないようにし、ただ服の上からなので少しは刺激が伝わるようにしています。

女性のおっぱいは、デリケートなので本来ならば鷲掴みはしない方がいいけれど男としては思いっきり鷲掴みしてもみたいですよね。

でも、そこは優しく愛撫しわき腹に近い乳腺のあたりを入念にマッサージのように愛撫をしていきました。

しかし、そんなこともどうでもよくなりキャバ嬢のおっぱいを思いっ切り鷲掴みし後ろから激しくもみまくりました。

そうしながらスカートを脱がし、ビンビンにたったちんちんをお尻にこすりつけながら乳首の周りをシルクタッチで円を描くように動かしていきました。

すると感じてきたのか、のけぞるようになり倒れ掛かったのでベットの端に寝かせキャバ嬢の服をめくってノーブラのおっぱいを出し左手でおっぱいの周りをなぜ、

向かって右のおっぱい(左のおっぱい)の周りを舌で円を描くように外側からだんだんと乳首に近づくようにしこの時も乳首には触れません。

でも、鼻が乳首に触れたりするのでなるべく触れないように気を付けます。

反対のおっぱいも同じようにして、またキスをしたり両手でおっぱいを振動させるように刺激を与えたりします。

おっぱいでイカせるのですが、おっぱい以外にも首筋や耳にキスをしたり背中や太ももをシルクタッチで愛撫したりしました。

そうしていると、キャバ嬢が乳首を触って欲しいのか身体をイナバウワーの
ように胸を上に持ち上げるような格好になったので、軽く手のひらで乳首の
上を転がすというかなでるようにすると、

大きな喘ぎ声になったので、「どうして欲しい?」と聞くと、

「おっぱいを吸って」とキャバ嬢が言うので、片方のおっぱいは人差し指と中指で乳首を挟みモミモミし片方のおっぱいを軽く吸いました。

そして、舌で乳首を転がしながらだんだん強く吸っていくと喘ぎ声が大きくなった後にぐったりしていきました。

このキャバ嬢の場合は、おっぱいよりも背中やクリが主な性感帯のようなので
それでもある程度は上手く感じさせることができました。

それからシャワーを一緒に浴びにいき、キャバ嬢の快感が覚めないようにお尻を愛撫したり、仁王立ちフェラをシャワーを浴びながらさせました。

シャワーを出てノーブラのまま服を着せたらまた興奮してきたので、バックから挿入。

中出しのまま、ベットに入りそのまま寝ました。

後日、キャバ嬢に聞いたら、「おっぱいでこんなに感じたことは初めて」と言っていました。

こちらのセックステクニックに記事もご覧ください

関連記事

『しみけん』のセックステクニックDVD【快感制覇】の実践のレビューブログもご覧ください
ページ上部へ戻る