キャバ嬢は挿入前にいかすこと

キャバ嬢を手まんでいかす

キャバ嬢は挿入前に1回いかすように

キャバ嬢とセックスするときは、挿入前にまず1回かならず
いかしてください。

ドイツの哲学者、ニーチェの言葉に、
「一日一日を始める最良の方法は、目覚めの際に、今日は少なくとも一人の
人間に、一つの喜びを与えることができないだろうかと、考えることである」

と言っています。

いつも、目がさ覚めて横に寝ているキャバ嬢の姿を見ること
「この子を幸せにしてあげたい」と思います。

なので、目覚めとともにこれほど気持ちいことはないというほど
セックスでいかせてあげ、幸せな気分で家に帰します

お気に入りのキャバ嬢を念願のアフターに誘いホテルに入ると
少しでも早く挿入したくなりますよね。

無意識のうちに、せっかくホテルまで来てもしこのキャバ嬢とセックス
できずに逃げられたらと思う気持ちがあるのです。

「早くやりたい、はやくやりたい」と思っているんですね。

しかし、はやる気持ちを抑えセックス上達法でセックステクニックの
技をじっくりと披露してください。

今回は、とてもきれいなロングヘアのキャバ嬢をいかしてみました。

ピンクローターと手マンで挿入の前に一度いかせます。

綺麗なキャバ嬢は、お客とセックスする機会が多いのですが、お客は
めったにないセックスの機会を逃すことなく早く挿入したがります。

そして単調なセックスで終わり次のセックスの機会は二度とありません

しかし、一度でもセックスできたことに満足なのです。

でも、これからはキャバ嬢のほうからあなたと「もう一度セックスをしたい」
とお誘いが来るようになります。

このキャバ嬢も、「早くいかせて」ともだえまくっていました。

ローターと手マン、クンニを繰り返します。

そして、もだえながら「もういい、もういい」と言うので、

やめると、「なんでやめたの」と恥ずかしそうに言います。

今までセックスしたキャバ嬢は皆こんな感じになります。

一度いかせると、挿入した時には入れた瞬間からもだえまくります。

なので、あなたが挿入テクニックがなくても十分挿入でお気に入りの
キャバ嬢を満足させることができます。

はじめは、普通にあおむけで責めていたのですが、攻めに耐えられなくなり
後ろ向きになったのでさらに攻め続けたらいったようです。

彼女は、人気キャバ嬢ですが最近はお客とアフターにはほとんど
行かないようです。

「それで大丈夫なの?」と聞いたら、
「そのほうが売り上げが上がるようになった」、と言っています。

キャバ嬢とセックスするときは、まずは「このキャバ嬢を幸せにしたい」
「セックスで気持ちよくしてあげよう」と思いながらセックスしてください。

そうしていると、不思議なことにこのキャバ嬢だけでなく他のかわいい
キャバ嬢もあなたとセックスがしたいと思うようになります。

キャバ嬢とのセックスの記事もご覧ください

キャバ嬢には、セックステクニックで愛情豊かに接してあげてください。

 

関連記事

『しみけん』のセックステクニックDVD【快感制覇】の実践のレビューブログもご覧ください
ページ上部へ戻る